古くから親しまれている浴衣

浴衣は日本で古くから親しまれている日本特有の服です。

昔は湯あがりに着る室内着として使用されていましたが、現在では華やかで豊富なデザインの浴衣がたくさん販売されており、お祭りや花火大会など夏の外出時にも着られる和服として使用されています。

着物よりも簡単に着付けすることができ、価格もお手頃なことから国内だけではなく、海外でも人気を集めています。

昔は白地や紺地に古典的な模様が散りばめられている浴衣が主流でしたが、最近は洋服ブランドからも沢山の浴衣を制作販売しており、色鮮やかで華やかな浴衣も沢山販売されています。帯と浴衣の組み合わせによってもイメージが大きく変わるため、帯を何個か持っていると重宝するのではないでしょうか。

高い帯をみると、とても素敵なのでほしくなってしまいますが、予算オーバーする場合は、安い帯から購入してみてはいかがでしょうか。しかし、浴衣は長い間着ることができますので、高い帯を購入したとしても損はないと思います。

大切に保管すれば子供や孫にまで伝えることができますよ。