マイクロスコープと顕微鏡

マイクロスコープと顕微鏡はどのようなところに違いがあるのでしょうか。

まず、一番の違いは、肉眼で見ることができるのか、モニターで見るかの違いです。
マイクロスコープは、カメラで映し出されたものをモニターで見て、被写体を観察します。

そのため、コンセントなモニターで観察するために必要なUSBケーブルなどが必要になります。

それに対し、顕微鏡は、レンズを通し肉眼で観察をすることができます。また、観察ができる倍率にも大きな差があります。
マイクロスコープは、数10倍~数100倍程度、顕微鏡は、2倍~30倍程度です。